スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアと花と月

2011年05月20日
昨日、福島県いわき市の『災害救援ボランティアセンター』に行ってきました。

朝6時に同級生のU村君が迎えに来て、荷物を詰め込みいざ出発。
8時過ぎにいわき市に入り街の状況を見てみると、ブルーシートを被った家がほとんど見当たらない。
「なにこれ、来た意味ねーべや。俺ら何やんだい?真岡のが大変だっぺやこれ」と毒づくU村君。
確かに街を見てみると、地元真岡のほうが大変そうだ。

そうこうしているうちに、現地到着9時ジャスト。
この日のセンターのボランティア数は300人を超していたそうです。受付やら、オリテンやら、マッチング(個人がやりたい作業を個人が選ぶ)やら、チーム決めやら、リーダー決めやら、作業備品(スコップ等)の振り分けやら、いろいろヤラで時間がかなり経過でまたもや「おせーなもう、仕事やれなかっぺな」とU村君ちょっとヤラヤラいやイライラぎみ。

ボランティアセンター


諸々が決定していざ出発!!

メンバーは、U村君(栃木から)、オレ(栃木から)、定年を迎えたが悶々としている元部長っぽいおじさん(神奈川から一人で)、IT関係かどうかわからないがインドから来た青年男子(千葉から一人で)、病院関係で働いている元気なおねーさん(静岡から一人で)、山好きな雰囲気の黙々と働くおばさん(東京から)、阪神淡路も経験した日本料理店で働いている仲居さん(神奈川から一人で)総勢7名。俺たち以外の皆さんは、全員電車で現地入りです。意識たけーな。すばらしいよ。でもリーダーが、U村君、、、不安・・・。

場所は、災害救援ボランティアセンターから6号を北へ約30分。波立薬師の先にある田之綱という小さな集落。ひどい状況です、さっきの大したことないはすぐに訂正。先に入った経●連チーム20数名と合流して、瓦礫撤去&泥さらいの作業。もう11時を過ぎている。経●連のリーダー(東大卒35歳キャリア175CM80キロってな感じ)から指示を与えられ作業開始。

家屋1
家屋2
家屋3


「トラックが運びやすいように、道路の脇にたまっている瓦礫を3か所くらいの山にしてください。」「たぶん今日はこの作業の途中で終わりだと思います。」

「はーい。」黙々と作業。で、ちょっとやって飯。飯を食べた瓦礫の近くには自生した花が咲き、鳥がさえずっています。シゼンッテスゲーナ!!自分の力で復興してんじゃん。と思いつつ、イイ気分で持ってきたコンビニランチを食うがU村君の態度が芳しくない。また何か?気に入らない事でも?

オレ「どうした?U村。」
U村「なんだい?あの頭でっかちは(経●連のリーダーのことらしい)!!俺ら業者のために来てんじゃなかっぺ。地元のボランティアのために来てんだっっぺな。」

ん?どういう事?よく聞けば、トラックは金をもらっている業者がやる仕事なので、そんな仕事は報酬のある業者に任せて、俺たちは業者ができない地元のためになる仕事をしたほうがいいんじゃないか。ということらしい。うん、一理ありますな。こんな方たちが上にへつらい役人にへつらい偉そうなことを言っていい生活してんだなと思いつつ、昼飯終了。

午後の作業。1時間弱働いたところで、経●連のリーダーが「私たち、他の作業場に行きまぁーす。あとはU原さんの指示に従って続けてくださぁーい。」つってどこかに消えました。じゃあおれたちは残された時間で有意義な作業をしようという事で、側溝のコンクリブロックをはずし泥さらいと生活道路の清掃を始めることに。1回休憩を取りあっという間に15時半。作業終了。暑いし重いし埃だしもうバテバテ。

センターに戻り、作業備品を返却し無事解散。皆さんお疲れ様でした。リーダーは本日の報告で今日の出来事を詳細に告げてきたらしい。センターの担当者は申し訳なさそうに謝っていました(あなたが悪いのではありませんよ)。なにはともあれ、最後の作業で充実感を得て帰路に。帰りの高速代は負担してくれるので助かる。途中で風呂に入るか迷うけれど面倒なのでそのまま自直行!!17時過ぎに出て19時30分に着きました、帰りは早かったですな。

着くと、朧月。ぼんやりと疲れを癒してくれる。

朧月


田之綱のおじさんたちの言葉を思い出す。
.この部落はやっとボランティアの人が入ってきたところなんだ。まだまだ、大変だべ。
.おら、3日前に帰ってきたら部落に人がいねえもんだからいきなり責任者だ。
.夜はゴーストタウンでおっかねーね。
.俺の家はまだましだ、ここは100人くらいの部落で8人死んじゃったよ。
・今までここで先祖に生かされてきた思いがあっから、なんとか復興したよいなぁ。
・原発で若い人が帰ってこない。これからどうなるのか不安だぞ。
・みんなありがとうな。こんなとことに手伝いに来てくれて嬉しいね。水は自由に使ってな。

お国チームの方、スピード出して助けてあげてください。ボランティアチーム、そして、地元被災者チーム素晴らしいです。一般生活者のパワーを実感いたしました。《行ってよかった》てのが感想です!

そして、時間があればまた必ず行きます!福島にうちらの電気をお願いしていること、東北のキャンプ場、うまい魚、酒、景色で楽しませてもらっていることを忘れずに・・・。
こんな俺でも、ちょっとは足しになるので待っててください(笑)。

東北復興!!

ステッカー



スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
« yoin | HOME | 19日 X-day »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。